うつは薬物治療で改善できる【精神状態を良くする】

診察へ行くと決めたなら

カウンセリング

初診や再診費用はいかほど

何となく分かっているつもりでも、実際にうつ病の治療先を探し始めますと、どの病院へ行けば良いのか分からなくなる場合が一般的です。うつ病の場合、受診科目は主に心療内科や精神科ですが、診療所などのクリニックに行くか、大きな病院へ行くかによって、その後の治療環境も変わってきます。総合病院は様々な外来が揃っており、検査設備も充実しているため、何らかの検査を受ける場合でも効率的に行えるのが魅力です。特にうつ病と並行してほかの病気を治療する時でも、総合病院なら別々の病院を掛け持ちせずに済み、何かと楽になります。ただし初診で総合病院へ行く際は、その前に掛かり付け医などへ赴き、紹介状を書いてもらいましょう。他院が発行した紹介状を持参しておけば、大きな病院で請求されるであろう初回の選定療養費を免除できます。それを知らずに大きな病院へ行けば余計なお金を払うことになるため、知っておいた方が良いポイントです。一方、病院では担当医が現在に至る経緯や症状などを色々聞いてくれますので、経過や困っている症状など、医師に伝えたい内容を紙などに書いておくと便利です。病院に行ってから考えたのでは戸惑って言葉が見付からないことがあるため、診察に行く時はこの点も押さえておきましょう。大体どれぐらいの費用が要るのか、うつ病で初めて心療内科を利用する際は気になるところです。診察内容により違いますが、3割負担の初診なら概ね3千円から6千円が相場であり、この金額には検査料なども含んでいます。ですから心電図や血液検査などを行わない場合であれば、もう少し安くなるかもしれません。しかし大病院で選定療養費を加算されるなら、プラス3千円から1万円程度見ておく必要があります。そして初診以降の再診ですと、3割負担なら概ね2千円から3千円程度の費用が相場です。とはいえ処方薬には100円以下や200円台など、様々な種類の薬があるため、何を処方するかによっても費用は変わります。例えば1日分が150円前後の抗うつ剤でも、1日の服用量が1錠なのか2錠なのか、あるいは2週間分の処方か、1か月分の処方かによっても代金が上下します。さらに同じ効能の薬でもジェネリック薬品なら単価が安く、まさにケースバイケースです。一方、心療内科の評判も様々で、とりわけ個人クリニックは各々で独自のコンセプトを持っているなど、多様性が見られます。女性専用や、気軽に通える雰囲気で人気のクリニックもありますから、ネットの評判なども参考に、自分に合った心療内科を探すのも良いかもしれません。